ブログ

2016.08.09

日本口腔インプラント学会 第7回学術シンポジウム

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

8月7日(日)は東京歯科大学 水道橋校舎 新館 血脇記念ホールにて行われた日本インプラント学会 関東・甲信越支部 第7回 学術シンポジウムに参加してきました。

メインテーマは『インプラント治療の未来予測 10年後は?-問題点と方向性-』でした。

歯科医療における20世紀最大の発明とされているインプラント医療は、欠損補綴治療の選択肢の1つとして、安全で有効な治療法として認識され、審美にも機能的にも極めて高い回復が可能になってきました。

今回のシンポジウムでは材料、診断、再生医療、超高齢化社会、予防の観点から、現状の問題点を踏まえ、それぞれの立場から10年後のインプラント治療を予測するという講演でした。

歯科治療の技術は日進月歩しております。

少しでも患者さんに豊かな人生を送って頂けるように、今後も日々の努力を怠らず精進していきたいと思います。

2016.06.13

第34回日本顎咬合学会学術大会・総会

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

2016年6月11日(土)・12日(日)に東京国際フォーラムで開催された第34回日本顎咬合学会学術大会・総会に参加してきました。

今回のメインテーマは「新・顎咬合学が創る健口長寿」でした。

噛んで食べることで、脳の血流量が増加し、高度にネットワーク化した脳全体を活性化することがわかってきました。

そのために、健康なかみ合わせを管理、維持していくことが、生涯にわたる健康寿命の源になります。

1日目は、『咬合の真髄』としてかみ合わせに関してについての講演で、かみ合わせの総論から各論、ご講演された先生方がお悩みになったかみ合わせの状態など事細かなお話でした。

2日目の午前中は、『歯内治療は精度と情熱』として根っこの治療についてです。

根っこの治療に対して質を高めるためにはどうするべきか、難症例への対応などのお話でした。

一息つく暇もなく、お昼はランチョンセミナーに参加しました。
お弁当を頂きながら『究極の総義歯~難症例への対応~』として確実な総義歯の安定を得るための一連の操作と難症例の対応を勉強しました。

午後は『顎関節症の基準』として顎関節の解剖から治療法までしっかり聞いてきました。

かなり密度の濃い、充実した2日間でした。

まだまだ学ぶことがたくさんあります。

少しずつ丁寧に築き上げ、患者さんのお口の健康に貢献できればと考えています。

2016.05.27

第59回春季日本歯周病学会学術大会

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

2016年5月20日(金)・21日(土)に鹿児島で第59回春季歯周病学会学術大会が開催されました。

今回のメインテーマは「歯周病治療の洗練と革新 -未来への架け橋-」でした。

歯周病に対する治療法は徹底した病原性因子の除去、安定した咬合機能の確立、審美性の回復など包括的な治療を行うことにより一定の結果を出すことが出来るようになってきました。

しかし、適切な治療を施したにも関わらず、改善しない症例や、インプラント周囲炎の増加など、課題が残っているのも現実です。

今回の学術大会は、歯周病治療の現状の見直し、今後どのような方策で治療に取り組んでいくかを考える大切な大会でした。

中でも、内服抗菌薬を用いた歯周治療に関しては、重度歯周炎、難治性歯周炎に対して有効であるということが再認識することができました。

重症な歯周病の患者さんには抗菌薬を活用するなど、その患者さんにあった治療計画を立案できるようにこれからも知識の習得、技術の修練に日々精進していきたいと思います。

2016.04.11

Dentsply Implant Digital Solution セミナー

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

2016年4月10日(日)は秋葉原コンベンションホールで開かれた
Dentsply Implant Digital Solution セミナー ~ATLANTIS開発者に聞く~ に参加してきました。

オソーリオ先生による特別セミナーで、朝10時から夕方16時までしっかり受けてきました。

オソーリオ先生は米国タフツ大学の歯科補綴および保存修復学の臨床准教授で、補綴、保存修復、インプラント治療を中心としたオソーリオ・デンタル・グループのオーナーとして治療に携わると共に、最新のコンピューター・テクノロジーを駆使したデンツプライのCAD/CAMアバットメントの製品コンセプトの開発者でもあります。

アバットメントとはインプラントの土台のことです。

アバットメントは見える部分ではありませんが、インプラントの強度をたすけたり、噛む方向を補正したり、上部構造を保護したり、とっても大切な役割を果たしています。

本セミナーでは最新のコンピューター・テクノロジーのアバットメントについて、強度計算から始まり、症例供覧まで内容の濃いものでした。

医療の進歩は日進月歩です。

日々の勉強を怠らず、患者さんにより良い医療を提供できるように精進していきたいと思います。

2016.03.28

下川公一先生の講演会に参加してきました

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

3月27日(日)は天王洲アイルにある京セラ株式会社 東京事業所でひらかれた下川公一先生の特別講演会に参加してきました。

「歯科医院の発展とその心技体」—–失敗と成功の我が経験則—–として43年の日常臨床を通して経験されてこられた歯科医療に対するお考えを教えて頂きました。

その内容は分厚く、さすが43年間トップを走り続けてきた迫力がありました。

医者は人の命を救う
歯医者は人の人生を救う

先生がご講演の中で最後におっしゃった言葉です。

まさにその通りだなと感銘を受けました。

私も微力ながら、患者さんの人生を少しでも豊かにできるように、日々の臨床に励んでいきたいと思います。

2016.03.07

サイナスリフト最新テクニック講習会

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

3月6日(日)は「サイナスリフトの最新テクニック講習会」 新ツールとテクニックが加わった、ニュークレスタルアプローチ法(低侵襲上顎底挙上術)についての講習会に参加してきました。

上顎の臼歯部(奥歯)にインプラントを埋入する場合、気をつけなければならないのは上顎洞の存在です。

上顎洞は奥歯の上にある骨の空洞で、鼻とつながっています。
鼻から吸った空気を一度上顎洞内を通すことで、細菌やウィルス、異物などを排除するフィルターのような役割をしています。

骨が薄く、上顎洞底までの距離がないとインプラントを埋入することができないのです。

理想的なインプラントの埋入が行えるように上顎洞の垂直的幅径の増大させる術式、ツールが数多く紹介されてきました。

その中でニュークレスタルアプローチテクニックは、確実で低侵襲に上顎洞を挙上するととができるようになりました。

一日の講演を聞いてこのテクニックの理解を深めることができました。

今後の臨床に活かし、さらなる研鑽に励みたいと思います。

2016.03.01

SIMPLANT Academy 2016 に参加してきました

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

2月28日(日)は東京ドームホテルにて開催されたSIMPLANT Academy 2016 に参加してきました。

SIMPLANT Academy 2016 は、安全で正確なインプラント治療のために必要な知識や技術の講演会です。

SIMPLANTとは、インプラント手術前に行う3Dコンピューターシミュレーションシステムです。

これは、CTにて撮影した画像を処理し、情報を立体的に把握することができるシステムで、より正確な診査診断が可能になります。

そして現在はSIMPLANT®(シムプラント)の治療計画データより作成される、光造型による歯科インプラント用ドリルガイドで、治療計画通りの位置や深さ角度にインプラントを埋入できるようになりました。

SIMPLANTシステムを活用することで、より安全で、確実なインプラント手術を提供していきたいと考えています。

2016.02.16

歯周病と全身との関係

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

本日は、歯周病と全身疾患との関係についてのお話しです。

口腔は第一の消化器官として位置づけられており、身体全体につながっています。

そのため、歯周病の状態が全身状態に影響をされたり、逆に全身疾患を引き起こす誘因になることもあります。

歯周病を治療しないまま放置してしまうと、長期間慢性炎症が口腔内に存在することになってしまいます。

その結果、増殖した歯周病原菌が血液中に侵入したり、誤嚥によって、口腔から離れた心臓や肺などの離れた臓器に達し、そこに付着、増殖して病気を発症させたり、悪影響を及ぼすと考えられています。

プラーク 1mg 中には 1 億個以上の細菌が含まれており、そのうちの 25% 以上が生きていると言われています。

日本人の 4 大死因とその割合は①癌( 28.5% )②心疾患( 15.5% )③肺炎( 9.9% )④脳血管疾患( 9.9% )です。

プラーク中の細菌が、これら 4 大死因と何らかの関わりを持っている可能性があるということが報告されています。

これらのことから、歯周病を治療したり、予防することは単に歯やお口の健康を守ることだけではなく、全身の健康を守ることにつながるのかもしれませんね。

お口の健康を守るということは、人生を豊かで快適に過ごすためにはとても大切なことなのです。

2016.02.08

歯周病の原因

水天宮前駅徒歩1分にある横山デンタルクリニックの横山です。
当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。

今日は、歯周病の原因のお話です。

歯周病は歯の周りに起きる炎症性の病気で、原因は細菌性のプラークです。

言い換えれば歯周病はプラーク中の細菌によって起こる感染症なんですね。

細菌は外的から身を守るために歯の表面にネバネバしたフィルム状の集落をつくって生息しています。
これをバイオフィルムと呼びます。

このバイオフィルムのことを一般的にはプラークと呼びます。

よくテレビのコマーシャルで耳にする「プラークコントロール頑張りましょうね!」はこのことなんですね。

このバイオフィルムは細菌にとって強力なバリアとして機能していて、抗生物質や生体の防御機構が効かなくなってしまうのです。

このバイオフィルムのために感染症である歯周病に抗生物質を投与しても効果がないのです。

また、ネバネバしていて水に溶けない性質があるので除去することがとっても大変です。

唯一、取り除ける方法が、歯ブラシなんです。

歯ブラシだけがこのバイオフィルムを破壊することができるのです。

毎日の歯ブラシが、歯周病の治療、予防に直結しているんですね。

歯ブラシがなかなかうまくいかない場合や、わからない場合はいつでもご相談ください。

患者さんにあった歯ブラシのやり方をご提案させていただきます。

2015.10.30

Trick or Treat.

明日はハロウィンですね♪♪

ハロウィンってなんだろう…
私が簡単に説明します!
もともとはケルト人の秋の収穫祭と悪霊などを
追い出す行事でした。

でも現在では、宗教的な意味合いはほとんどなく
子供が仮装をして近くの家を訪れて
お菓子をもらったりする行事です!
ちなみに今日10月30日は、
たまごかけご飯の日らしいです♪♪
私はお醤油多めが好きです

でもお菓子やたまごかけご飯を
食べた後にはきちんと歯を磨かないと
ムシ歯になってしまいます( ¯ )

子供の歯は大人の歯に比べてムシ歯になりやすく
痛みも出やすいので定期的に検診にいらしてください☆

ムシ歯が小さいうちなら前回ご紹介した
白い詰め物で治すことも可能ですし、
大切な歯をフッ素でムシ歯予防もできます。

せっかくのハロウィンもムシ歯があったら
台無しなので歯ブラシをきちんとしましょう!
ムシ歯だらけだとハロウィンが終わってからも
カボチャのお化け(ジャックオーランタン)
みたいになっちゃいますよ(。ŏ_ŏ)

フッ素とは、歯の再石灰化を促進させたり
歯の質を強くしたりプラークを抑制したりして
子どものムシ歯予防に役立ちます♪
当院では定期的なフッ素の塗布をお勧めしています!

ムシ歯の他にも歯磨きの仕方や歯並びの相談等も
行っておりますのでお気軽にお尋ねください(^ ^)

田中

1 2 3 4
24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook