インプラント

当院のインプラント治療

CT・サージカルガイドシステム

CTとインプラント 安心・安全なインプラント手術を行うためには、CT撮影が不可欠です。CTとは、歯科医院にある一般的なレントゲンに比べて正確な診査と診断ができる撮影装置で、骨の状態や神経の位置を立体的(三次元)に把握できます。レントゲンでは鮮明に映らない部分でも、CTでははっきりと確認でき、より安全性の高い治療が可能です。
インプラント治療では外科手術を行うため、時に事故が起こることもあります。その原因は、ドクターの未熟さであったり、CT撮影を行わずに二次元レントゲンのみで診断したことから発生する場合もあります。

 当院には院内にCT設備があり、お口の中の状態を正確に判断できます。安心して治療をお受けください。

 さらに、CTデータによる診断とサージカルガイド」によって、インプラント治療がより安全に、正確に行われます。インプラントの埋入は、アゴの骨を施術して行いますが、その際、ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、ドリルがぶれないように保持する器具が「サージカルガイド」です。

 「サージカルガイド」の使用によって、インプラント治療の最大のリスクであるドリルの不具合が最小限に抑えられるので、より安心して治療をお受けいただくことができます。

 

大口式インプラント

 ドリルを使用して行う一般的なインプラント手術は骨を削り取るため、骨の幅が狭いとインプラントが埋入できなかったり、骨移植などの大掛かりな手術が必要になることもありました。大口式(OMA式)インプラント法は、骨の表面に小さな穴を開け、専用の器具を用いて少しずつ穴を広げていくことでインプラントを埋入する新しい方法です。

 骨をほとんど削らないため、出血や痛み、術後の腫れも抑えられ、身体への負担も少なくなります。また、術中の不快な音や振動も少なく、患者さんに安心して治療を受けていただけます。

大口式いんぷ

ドリル式のインプラントと比べたときの特徴
  • ・骨を削る量が少ない
    ・出血が少ない
    ・痛みが少ない
    ・術後の腫れが抑えられる

カウンセリングの徹底

 当院では、患者さんがしっかりと納得した状態で治療を行っていくことを重要視しています。そのために、カウンセリングを徹底しています。カウンセリングの際には「こんなことを聞いてもいいのだろうか?」などと遠慮することなく、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。患者さんと悩みを共有しながら解決し、最終的に「ここで治療して本当に良かった」と思っていただくことが私達の喜びであり、目標です。

アストラテックインプラントを採用

 当院ではスウェーデン製のアストラテックインプラントシステムを採用しています。このインプラントシステムは世界中のさまざまな国々で使用され、高い実績を誇ります。他社製に比べると少々割高ではあるものの、その値段に見合った高品質のインプラントです。

骨が少なくてインプラントができないと言われた方へ

骨造成が必要ない肉体的・経済的負担の少ない術式

 かつては、顎の骨が少ない方がインプラントを行う場合、骨移植や骨造成が必要でした。しかし、これらの方法は大きな外科処置が必要となり、経済的負担はもちろん、腫れや痛みなどの身体的負担が避けられません。そして手術後にはその骨が生着するまで半年程度待機しなくてはならず、治療期間が長くなりがちでした。
 しかし、骨が少ない状態であっても、骨移植や骨造成などではなく、短いインプラントを使ったり、骨のある部分に傾斜させて埋入することで、経済的・身体的・時間的な負担が少なくて済むようになりました。

骨造成

 インプラント治療を行うには、インプラントを埋入するための顎の骨が必要です。その骨大きさは少なくとも骨の幅で約6mm、高さで少なくとも10mm程が必要になりますが、骨の量が十分でなく、インプラント治療ができないと言われる患者さんも多くいらっしゃいます。

 しかし、現在の医療では「骨の量が少ないので、インプラント治療ができない」ということなく、高度な知識と技術を持った術者が行えば、極端に言えばどんな方でもインプラント治療をお受けることは可能です。

 インプラント治療に際して、骨がない場合には、骨を誘導したり、骨移植を行ったり、サイナスリフトやソケットリフトなどで上顎洞といわれる空洞に骨を作るなど、「既存骨の上や周囲に新しい骨を増やしたり、作ったりすること」によって、インプラント体を骨の中に埋入することが出来るようになります。

当院の骨造成治療

  • サイナスリフト

 サイナスリフトとは、上顎の奥歯の部分に骨が少なくインプラント治療が不可能な患者様のための治療方法です。サイナスとは上顎の骨の上部にある空洞をいいます。この空洞の粘膜を持ち上げて骨で充満させることにより、インプラント植立する骨の高さを得ることをサイナスリフトといいます。骨の厚みが5mm以下や、多数の歯が欠損しているときに適しています。

☆骨ができるまで約3〜6ヶ月で、その後インプラント埋入します。治療期間は長くなります。

  • ソケットリフト
  •  サイナスリフト同様に上顎の奥の歯の部分の骨が少なく通常のインプラント治療が不可能な患者様のための治療方法です。骨の厚みが5ミリメートル以上の場合に適応されます。

  • ☆インプラント埋入と同時に骨の厚みを確保します。治療期間はサイナスリフトと比べて短いです。

  • CGFとAFGを用いた再生療法

  •  インプラント治療は、顎の骨の中にインプラント体を埋入するため、骨の状態がある程度よくなければ手術が難しいといわれていました。しかし、こうした場合でも、再生治療を行うことでインプラント治療が可能になります。

     当院では、CGF(Concentrated Growth Factors)とAFG(Autologous Fibrinogen Glue)を用いた再生治療により、骨の量が足りない方もインプラント手術が可能です。
     再生治療とは、骨の量を増やして新たに骨を造る治療方法です。これまでの再生治療では、人口骨や自分の骨を移植したり、PRP(血小板血漿)等が使用されておりましたが、これに代わるのが患者さんご自身の血液成分を使用するCGFとAFGです。

     CGFとAFGは、患者さんから採取した血液を遠心分離器にかけて生成する成分で、添加物は一切加えない、全自己採血由来のフィブリンゲルです。フィブリンとはたんぱく質の一種で、切り傷などができた際に生成されて傷口を修復します。再生治療では、骨の再生を促して傷口の治療を促進させるために、CGFやAFGを使用します。

インプラント手術後のメンテナンス

 人工物であるインプラントはむし歯になりません。ただ、適切なケアを行わなければ、インプラントの周囲で歯周病菌が繁殖し、インプラント歯周炎にかかってしまいます。最悪の場合、インプラントそのものがぐらつき、抜けてしまうこともあります。
 インプラントを長持ちさせるには3~4カ月ごとのメンテナンスが不可欠です。毎日の歯みがきに加えて、しっかりとメンテナンスを受けてお口の健康を守りましょう。

インプラントは選択肢のひとつ

 インプラントにはさまざまなメリットがあります。しかし、治療の際には「非喫煙者」「糖尿病になっていない」「定期的なメンテナンスを欠かさない」などの条件を満たすことが求められます。なお、患者さんによっては、ブリッジや義歯の方が総合的にメリットが多い場合もあります。まずは患者さんのご希望をうかがいながら、インプラントやその他の治療法のメリット・デメリットをしっかりご説明した上で選択していただきます。

24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook