予防歯科(クリーニング)

歯みがきだけではむし歯・歯周病は予防できません

みがきだけではむし歯・歯周病は予防できません ほとんどの歯科医院では、むし歯治療完了後に定期検診のご案内をすると思います。治療を終えたのにまた通院しなければならないことを億劫に感じる方もいるかもしれません。ただ、定期検診を受けないと、気づかないうちにむし歯や歯周病が再発することもあり、そうなった場合はまた何度も通院しなければならない可能性もあります。
お口の中には、バイオフィルムという歯みがきだけでは除去できない強力な汚れが存在します。バイオフィルムはむし歯菌や歯周病菌などのバリアのようなもので、このバリアを壊さなければむし歯菌や歯周病菌を除去することはできず、やがてむし歯が発生してしまいます。毎日丁寧に歯を磨いていても、むし歯や歯周病になってしまうのはこうした理由からです。
バイオフィルムの除去には、定期的な「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」が有効です。これはプロによる歯のクリーニングで、柔らかい特殊な器具を使って行うので痛みなどはありません。バイオフィルムや歯石の除去はもちろん、着色汚れもキレイにするので、歯本来の白さと美しさが取り戻せます。また、歯がツルツルになり、お口の中がサッパリするリフレッシュ効果もあります。むし歯の再発を防ぐために、定期検診とPMTCを欠かさず受けましょう。

当院の予防歯科の特徴

患者さんに応じた内容を提案

 当然ですが、患者さんにとっての最適な予防歯科メニューはそれぞれ違います。当院ではそれを見極めるために生活習慣についてのカウンセリングやお口の中の癖のチェックを行っております。

食生活のアドバイス

 お口の中の健康には、歯みがきの習慣や方法だけでなく、日々の食生活が大きくかかわっています。当院では、患者さんに合わせてむし歯予防に効果的な食生活のアドバイスを行っております。

予防歯科メニュー

歯周ポケット検査

 専用の器具を使って歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)の深さを計測することで、歯周病の状態や進行具合をチェックすることができます。深ければ深いほど、歯周病が進んでいます。

ブラッシング指導

 毎日歯を磨いていても、正しいブラッシングができていなければむし歯予防の効果が低くなってしまいます。プロによるブラッシング指導で、正しい方法を身につけましょう。当院では、日常のブラッシングだけでむし歯のない状態が長持ちする治療を目指しておりますので、正しいブラッシングができればむし歯のない状態をさらにキープしやすくなります。

スケーリング

 ご自身による歯みがきでは除去することができない歯垢や歯石を、超音波を使って取り除いていきます。

噛み合わせの調整

噛み合わせの調整 歯周病による歯のぐらつきや、歯ぎしりの癖、生活習慣の乱れは噛み合わせに悪影響を及ぼします。また、歯は少しずつ摩耗してすり減っていくため、年齢とともに歯並びや噛み合わせが変化していきます。
 定期的に噛み合わせを調整することで、噛み合わせのズレを防ぎ、身体の重心のバランスを整えることにつながります。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

 歯科衛生士による、専用機器を使ったお口の中の本格的なクリーニングです。歯垢や歯石、着色汚れを除去して、歯や歯肉を健康的にします。術後のスッキリ感がやみつきになる患者さんも多いです。

 当院では、頑固な汚れ(茶渋やタバコのヤニによる着色)には重曹パウダーを吹き付けて除去する、クイックジェットを使用しきれいにクリーニングしています。

歯の黄ばみは落とせます

 歯は、毎日の食事による着色や黄ばみがどうしても避けられません。特に下側の歯の裏は歯垢や歯石がつきやすく、着色しやすい部分です。
 定期的にPMTCを受ければ、歯垢や歯石などの汚れを落とすことだけでなく、ヤニや着色汚れなどの除去もある程度可能です。きちんと汚れを落として歯本来の白さを取り戻せば、鏡で自分の歯を見るのが楽しくなり、笑顔に自信が持てるでしょう。

定期健診の大切さ

 定期検診に通っている人は80歳になった時に自分の歯が15.7本残っているのに対して、通っていない人はわずか6.8本しか残っていないというデータがあります。定期的にお口のメンテナンスを行っているかどうかは、80歳になった時に残っている歯の本数を左右するのです。老後の歯の健康を守るためには、若いうちから定期的なメンテナンスを欠かさないことが重要です。

24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook