審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは

審美歯科とは 歯の色や歯並びはその人の印象を左右します。健康的で美しい白い歯は、見る人に好印象を与えます。当院の審美歯科は「銀歯が気になる」「歯を白く美しくしたい」という方におすすめです。審美的に歯を整えると見た目はもちろん、機能面でもさまざまなメリットがあります。
 審美歯科では、歯を漂白する「ホワイトニング」と詰め物や被せ物をする「人工歯」をメインに行っております。まずはカウンセリングで患者さんのご要望を伺い、歯の状態やご予算などに合わせて治療プランをご提案いたします。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

当院の審美歯科の特徴

患者さんの要望に応じた補綴物作成

 当院では、患者さんのご希望に合った被せ物を作るために、カウンセリングを徹底しています。必要に応じて、治療の前後や最中にも行います。審美歯科の目的は、患者さんの理想を忠実に形にしていくことです。
 カウンセリングを通して、ドクターやスタッフが患者さんの理想についてしっかり把握することから、満足度の高い補綴物が完成します。

機能性前提の審美歯科

 審美歯科では美しさを追求することが非常に大切ですが、当院では美しさのみならず、歯本来の機能性やむし歯予防にも着目しています。
 歯は「しっかり噛める」ということが前提であり、少しでも嚙み合わせが悪くなると顎の疲れや肩こり、腰痛、頭痛などにつながることがあります。これは審美治療を行って、嚙み合わせが変化したことから発生する場合も珍しくありません。
 また、歯と詰め物・被せ物がうまく噛み合わないと、その間に小さな隙間が生じることがあります。そこからむし歯菌が侵入し、被せ物の中でむし歯が広がってしまうケースもあるのです。
 審美性や機能性、むし歯予防の3つを兼ね備えるためには、技術や経験だけでなく、精密さがポイントとなります。当院では治療の際に拡大鏡を使用し、高倍率で視野を拡大させて精密度を上げています。

選び抜かれた技工士

 審美歯科治療で求められる質の高い詰め物や被せ物は、型取りや模型の製作などのひとつひとつの作業を慎重かつ正確に進めていくことが重要です。当院の詰め物や被せ物は、審美治療を専門とした歯科技工士と連携して製作しているため、ミリ単位のコントロールや患者さんの希望に沿った色や噛み合わせなどを形にすることが可能です。

技工士の直接立ち会い

 患者さんの希望通りの詰め物や被せ物を作るために、当院では詰め物や被せ物を製作する歯科技工士が患者さんの歯やお口全体を実際に見て、写真撮影やスケッチなどのデータを作成することもあります。それを基にしながらドクターと歯科技工士が連携し、より精密で美しい詰め物や被せ物を形にしていきます。

金属アレルギーのリスクとは

 一般的に、金属アレルギーはアクセサリーなどに含まれる金属イオンが肌に触れることで炎症やかぶれ、かゆみなどにつながるとされています。しかし、最近の研究で金属アレルギーの原因には銀歯などの歯科治療で使用した金属も含まれることが判明しました。
 銀歯が原因の金属アレルギーの場合、アレルギーの原因特定が難しくなり、なかなか症状が改善しないこともあります。現在銀歯を入れていて、原因不明のかぶれ、かゆみや炎症が起こっているという方は銀歯が原因の金属アレルギーかもしれません。気になる方はご相談ください。

詰め物・被せ物の種類

ジルコニア

 天然歯のような色合いで美しい見た目が特徴です。「白い金属」とも呼ばれるほどの強度を誇ります。金属不使用で、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

オールセラミック

 天然歯のような透明感・色調が持ち味のセラミックのみで作られた詰め物・被せ物です。金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

e-max

 歯科に特化した純度の高いセラミック素材で、天然歯のような自然な色調や透明感が特徴です。強度が高く、ほとんど変色しないというメリットもあります。金属を使わないので、金属アレルギーのリスクがありません。

メタルボンド

 セラミックと金属フレームでできています。強度が高いので、噛み合う力が大きい奥歯やブリッジにも使えます。

Gold

 金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたものなので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できるといった特徴があります。また適合が良く二次的な虫歯になりにくいメリットがあります。

当院のホワイトニング

 当院では「分割ポリリン酸Na」をホワイトニング剤にプラスした「ポリリンプラチナホワイトニング」を使用しています。歯を白くしつつ歯質が強化されるため、歯が美しくなるだけでなくむし歯・歯周病の予防効果もあります。

従来のホワイトニングとの違い

1. 漂白効果

 これまでの一般的なホワイトニング剤は、過酸化水素の力で歯の内側まで入り込んだ着色物質を分解(漂白)するというものでした。当院で使用しているポリリンプラチナホワイトニングは分割ポリリン酸Naの作用で漂白効果がアップし、個人差はありますが従来のホワイトニング剤に比べてより白さを追求することができます。
 最近、エステなどでもホワイトニングを行っているところが増えていますが、歯科医院以外では薬事法上、歯を白くする過酸化水素水が使えません。そのため、歯科医院でのホワイトニングに比べてリーズナブルではありますが、白さは劣る傾向にあります。より歯の白さを求める方は、歯科医院での過酸化水素水配合のホワイトニングがおすすめです。

2. 痛み・しみにくさ・色戻り軽減

 これまでの一般的なホワイトニング剤は、歯の水分を抜く作用から痛みやしみ、着色しやすくなっていました。ポリリンホワイトニングシステムにも同じ作用はありますが分割ポリリン酸Naが水分が抜かれた部分に浸透するため、痛みやしみを抑えます。また、分割ポリリン酸のコーティング作用により、歯質の強化と着色を防ぐ効果もあります。

3. 透明感維持・再着色予防

 分割ポリリン酸Naのコーティング作用で歯の表面がガラス化され、さらには黄ばみの原因であるヤニやステインの再付着を予防するため、透明感のある白い歯をキープできます。

4. むし歯・歯周病予防効果

 分割ポリリン酸Naのコーティング作用・抗菌効果で、歯質の強化だけでなく、むし歯・歯周病予防にもなります。

24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook