キラキラクリーニング

最新の予防メニュー「キラキラクリーニング」

当院のキラキラクリーニングは、徹底的なトレーニングを受けた経験豊富な歯科衛生士が、EMS社の高性能歯面清掃機器でGBTに基づく快適なバイオフィルムプログラムを行ってお口の環境を改善をします。

1回の治療時間は約1時間程度で、歯の表面を傷つける事なく口の中がキレイでツルツルになり、口の中の嫌な感じが無くなります。
当院では1年に3回程度のキラキラクリーニングを推奨しております。

従来、保険診療にて歯の清掃を行う場合、超音波にて歯石をとり、歯磨きペーストをブラシでクルクル磨くのが一般的です。しかし、このようなクリーニングは現在の歯科医療水準では過去のものになりつつあります。

口腔内のバイオフィルムが疫学的な主因となり、歯周病や齲蝕、インプラント周囲の炎症を引き起こします。歯周病がリスクを高める全身性疾患は、循環器や呼吸器系疾患、関節炎や糖尿病などです。一般的な口腔衛生に臨床家による処置を組合わせることで、バイオフィルムを抑制し、口腔および全身のより健康管理を実現させることが可能になります。

 GBTは、ヨーロッパ歯周病学会提唱の以下の推奨に従っています:
・プロフェッショナルによる機械的なプラーク除去(PMPR)
・ホームケアのための口腔衛生指導(OHI)

従来の予防方法

 1. 手用器具やスケーラーを用いた歯石除去
痛みを引き起こしたり、歯やインプラント表面に傷をつけるといった侵襲リスクも高くありました。

 2. ラバーカップや研磨ブラシといった回転器具を用いたポリッシングを実施。
清掃に時間がかかり、飛散などもありました。器具のアクセス性が悪く届かない部位もあり、また歯肉が機械的に影響を受けるというリスクもありました。歯科衛生士と歯科助手は、通法の歯面清掃が痛みを伴う可能性があることをよくご存じです。痛みを理由に患者さんがリコールに応じないこともありえます。50年もの長きにわたり、このような歯科予防を行ってきたのです。

最先端の歯科予防システム(GBT)とは

 歯科予防におけるより革新的なアプローチ方法で臨床的エビデンスに裏付けられた患者中心の理念です。Guided Biofilm Therapy(GBT)は、エアフロー、ペリオフロー、ピエゾンの技術を用いた、プロによる歯面清掃のバイオフィルム除去ソリューションです。科学的エビデンスに基づいてEMSが提唱しています。よりよい臨床結果を追求するために患者さん個人の診査とリスクアセスメントに基づいた複数のプロトコールから成り立っています。侵襲性を抑え、より快適・安全かつ短時間で治療できるように設計されています。また、Guided Biofilm Therapyのステップには、患者さんに対するホームケア指導などの情報提供が含まれています。

歯の表面を傷付けない超微細粒子のエアフローパウダープラス

エアフローパウダープラスはエナメル質、象牙質、修復・補綴物、歯列矯正装置またはインプラント表面などさまざまなタイプの対象から、侵襲性を抑えながらバイオフィルムと早期歯石を除去するパウダーです。パウダープラスは、歯面清掃における優れたソリューションです。

粒子の直径がわずか14μmのエアフローパウダープラスは、歯科分野の世界ではとても微細な粒子です。 このパウダーの利点は、選択的に摩耗性を低く抑えながら清掃ができる点です:軟組織や硬組織を傷つけないように、やさしくバイオフィルムを効率的に除去することができます。

このような治療でもGBTが大活躍してます

矯正歯科治療において

歯列矯正の装置(ブランケット)は日々の歯ブラシや従来の機械的な予防法ではアクセス できない部位において急速なバイオフィルム増殖が起きます。 それにより歯周病、歯面脱灰、齲蝕リスクが高まります。 さらに、バイオフィルムによってワイヤーの動きに摩擦が生じ、ブラケット の保持力を最大 50%ほど減少させる可能性があります。 矯正装置へのスケーリングでは傷を付けたり、接着力を弱める場合があります。 矯正装置周りの清掃にはエアフローの使用が適しています。
プラスパウダーは歯列矯正装置をメインテナンスするのに適した処置です。 歯、辺縁歯肉、装置周辺にくまなくアクセスできます。 ワイヤーを外す必要はありません。 プラスパウダーは辺縁歯肉に対して安全で快適で矯正装置の表面性状に影響を与えません。歯垢染色剤はバイオフィルム除去の指針となります。 染色がなくなる = バイオフィルム除去であり、染出しによりエアフローによるバイオフィルム除去はより効率的かつ迅速 に行うことができます。

インプラント治療において

近年、インプラント治療での大きな問題点はインプラント埋入後のメンテナンス不足による粘膜炎およびインプラント周囲炎です。これはしっかりとしたホームケアと定期的にプロフェッショナルによるバイオフィルム除去を行うことで対応できます。清掃前に上部構造物およびアバットメントの取り外しが推奨されます。しかし、多くのインプラントが定期的な清掃を考慮せずに補綴処置されている場合があります。

GBTの8つの手順

1評価

 問診やプロービング(歯周ポケットの深さを測る)検査などにより、歯と歯肉の状況を丁寧に診ます。歯肉炎や歯周病になっていないか、インプラントの場合は粘膜炎やインプラント周囲炎になっていないかなど、しっかりチェックします。

 

染め出し

 特殊な染色剤を歯肉や歯に塗り、バイオフィルムが目に見えるようにします。インプラントや矯正治療などをしている場合は、インプラントやブラケットも染めます。染めることで患者様にも確認していただけ、バイオフィルムを確実に除去しやすくなります。

 

情報提供

 患者様に「予防」の重要性をわかりやすくお話します。また、予防にはホームケアも不可欠です。患者様のお口の状況に合わせて、適切なブラッシングをご指導します。また、歯の形状や質に合ったハブラシや歯間ブラシをおすすめします。

4歯肉縁上・縁下のエアフロー

 エアフロー用のハンドピースを使って、バイオフィルムや早期歯石などを除去していきます。歯周ポケットの深さに応じてエアフローパウダープラスかエアフローパウダーレモン味を用います。

 

5歯肉縁下のペリオフロー

 エアフローでは取り除けない歯周ポケットの奥や歯間部にこびりついたバイオフィルムを、ペリオフロー用のハンドピースやノズルで除去します。その際、歯面やインプラント面にプラスパウダーを用います。

6ピエゾン

 超音波を利用して、歯石を取り除きます。通常の歯石除去にはチップPSを、インプラントや補綴物の周辺などにはチップPIをなど、歯や歯周の状態によって専用のチップを使い分けます。なお、歯周ポケットが10mm以上と著しく深い場合はミニキュレットを用います。

7指差し確認

 バイオフィルムや歯石が残っていないか、指差しをしながら最終確認を行います。もし残っている場合は、完全に除去します。きれいになった状態で、虫歯がないかの診察を行い、なければ歯の表面に虫歯予防に効果的なフッ素を塗布します。

8新たなリコール予約

 患者様のお口の状況に合わせて来院いただく頻度を計画します。また、患者様にメインテナンスの感想を伺いますので、ぜひご意見をお聞かせください。今後に活かします。

日本橋人形町の横山デンタルクリニック 基本情報

院名 横山デンタルクリニック
住所 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目1−9
電話 03-3664-8400
24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook