iTero(アイテロ)3Dスキャン装置

iTero(アイテロ)とは

最新の3Dスキャナー

成人矯正について 「iTero(アイテロ)」は、専用の口腔内カメラでお口の中を撮影することで型取りを行うことができる最新の3Dスキャナーです。
現在、歯科医療現場で使用されている3Dスキャナーはいくつも種類がありますが、その中でも“インビザライン矯正”のための型取りに対応しているのはiTeroのみとなっています。iTeroの活躍により、精密な型取りが可能になるだけではなく、治療のシミュレーションもより細かく正確に算定することができるようになる為、より確実な治療結果を届けることが可能となりました。

 矯正治療以外でも、噛み合わせの診断やつめもの・被せ物を作成する際の型取りとしても利用できますので、「型を取る時の粘土のような材料が苦手」という方も楽に治療を受けて頂くことができます。

日本ではまだ数%程度しか導入していない最新機器

 この光学式口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」は、インビザラインの制作に欠かせない機器です。
しかし、実際に日本でインビザラインを扱っている医療機関の数%程度しか導入されていないのが現状です。

 患者さんのご要望にお応えするためには、インビザラインを使用することで確かな技術をお届けするだけではなく、治療内容に適した最新鋭の設備をフルに活用することも必要だと考えます。

 そのため、スキャンデータを基にしてこれまでの経験を踏まえ「この歯の動きはデータ通りにはならない可能性がある(予測)」→「ここはこうするべきだ(結論)」と、機器が導きだした予測に対し人的補足を加え、より効果的な治療を患者さんにお届けすることが可能となるのです。

iTero(アイテロ)の特徴 

1. 精密・正確な型取り

成人矯正について  従来、インビザライン矯正を開始する際には、シリコンという印象材を用いて歯型を採取する必要がありました。
シリコンは現在数種類ある印象材の中でも最も歪みや変形が生じにくい材料とされていますが、口から型を外す時にはどうしても力が加わってしまうため、わずかの歪みが生じてしまうのは避けられませんでした。しかし3Dスキャナーによる型取りの場合、印象材の歪みによる誤差が発生しない為、精度の高い歯型を採取することが可能となったのです。また採取した後の歯型もデータとして管理することができる為、精度を保ったまま保管することができるというメリットもあります。

2. 快適性・安全性の向上

 従来の粘度のような材料を使用しないため、嘔吐反射の強い方や口が開けにくい方であっても、不快感なく型取りを行うことができます。型取りに要する時間も、上下の顎をすべて合わせても1分程度で終了する為、長時間口を開けている必要がなくなりました。
 またシリコン材を使用しないことから、従来のように印象材がのどに流れ込んで誤嚥してしまう心配もなく、お子様にも安心して使用できます。

3. スピーディな治療

成人矯正について  従来の型取りの場合、採取した歯型は空輸でアメリカまで送る必要があったため、マウスピースができるまでに時間がかかってしまうデメリットが発生していました。しかし、3Dスキャンによる型取りの場合、歯型をデジタルデータの形式で採取することができる為、データをインターネットで送信し、これにより従来よりも10日間ほど早く治療を始めることが可能になりました。
 また、スキャンしたデータはその場にあるモニターですぐに確認することができる為、再来院や模型の作り直しは必要になる心配もありません。

日本橋人形町の横山デンタルクリニック 基本情報

院名 横山デンタルクリニック
住所 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目1−9
電話 03-3664-8400
24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook