嚙み合わせについて

嚙み合わせ認定医

 歯科治療は、むし歯などの悪くなっている歯だけではなく、上下の噛み合わせや顎全体のバランスまで考慮して治療することが大切です。当院には「日本顎咬合学会認定医」が在籍しております。お口の中はもちろん、嚙み合わせについてもチェックし、広い視野で治療にあたります。

嚙み合わせについての考え方

嚙み合わせについての考え方 バランスの悪い嚙み合わせは「丁寧に歯を磨いていても、むし歯が再発する」「入れ歯を調節してもすぐに合わなくなる」といった状態を引き起こします。嚙み合わせが合わないまま、食事などで咀嚼を繰り返すと、歯肉や向かい合う歯に余計な圧力がかかり、免疫力が低下してしまいます。そうしてむし歯や歯肉の腫れが起こりやすくなるのです。

 当院では顎や筋肉の動きから、口の中の形状を総合的に判断し、正しい嚙み合わせになるよう整える治療を行っております。入れ歯の場合は、歯の形状とレントゲンによる骨の形状を見極めて、数年後のお口の状態を予測しながら作っています。実際に治療を行った患者さんからは「むし歯がない状態がキープできている」「入れ歯がピッタリ合って快適」などのご感想をいただいております。歯や入れ歯のお悩みをお持ちの方、嚙み合わせが気になる方は当院までご相談ください。

24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook