ホーム > むし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病治療
現在、日本では30代以上の方の8割が歯周病にかかっています。
歯周病はかなり進行するまで症状が現れない沈黙の疾病です。
そのためご高齢の方の病気と勘違いされているのですが、実際には10代での発病も珍しくないものなのです。

また、歯周病は生活習慣病なので、ケアに気を付けないとすぐ再発してしまいます。
早めに発見して治療し、メインテナンスをしっかり続けることが重要です。

歯肉からの出血などがない場合でも、口臭が気になってきたら検診を受けていただくことをおすすめします

歯周病が引き起こす病気

歯周病
近年になって、歯周病が脳や心臓の血管障害、誤飲性肺炎などの原因のひとつであることがわかってきています。
また、がんの組織の中から歯周病菌が見つかる例もあります。

さらに、歯周病が引き起こす炎症性物質が子宮を収縮させてしいまい、低体重児出産のリスクを上げたしまう場合もあります。
妊娠前、妊娠中の口腔ケアは大切です。
歯周病の治療は、口腔内から歯周病菌をなくすことで、様々な病気のリスクを下げることにつながるのです。

横山デンタルクリニックの認定医による歯周病治療

横山デンタルクリニックの認定医による歯周病治療

歯周病治療の基本は、歯石や歯垢をプロの手で完全に除去するプロフェッショナルケアと、そして日々の歯みがきによるセルフケアです。

歯周病は歯肉と歯の間にポケットという隙間をつくります。
このポケットの深さで歯周病の進行度がわかります。
ポケットが深くなってしまった場合、その奥深くに付着した歯石は外科手術を行って除去していきます。

当クリニックでは、長年にわたって研究を行ってきた歯周病の認定医による治療を行っています。
そのため、歯の発生過程に似た環境を再現して歯周組織の再生を行うエムドゲイン、骨の再生を誘導するGTR(組織再生誘導)法などの高度で精緻なテクニックを必要とする治療も行っています

むし歯治療

むし歯
なるべく痛みの少ない治療を心がけています。
表面麻酔を行うこと、麻酔薬液を体温程度に温めること、痛みの少ない細い注射針を使うこと、電動麻酔器で一定のスピードを保ちながら薬液を注入することなど、痛みの軽減に配慮しています。

また、患者さんの緊張をほぐすのも歯科医師の仕事だと考えています。
そのためにもしっかりコミュニケーションを取ってご信頼いただき、これから行われる治療にご納得いただくことを重視しています。