矯正歯科

当院の矯正歯科の特徴

女性ドクターならではのきめ細かな治療

 当院には、自ら矯正経験があり、認定医でもある女性ドクターが在籍し、女性ならではの視点を生かした治療を目指しています。美しい歯並びや顔立ちを実現するために、最新の治療を積極的に取り入れ、笑顔に自信を持ちたいと願う患者さんに寄り添う姿勢を大切にしています。

 歯また、見た目だけではなく、機能的な改善も図る矯正が当院の矯正治療のポイントです。列不正があると磨きづらかったり磨けない部分が出てきます。一生涯健康なご自分の歯と付き合っていただくためには、磨きやすく機能的にバランスの良い歯並びはとても大切です。

矯正歯科 専門医師

歯学博士 高見澤 由紀

 日本矯正歯科学会の認定医です。矯正治療を専門に治療しています。
 皆さんの健康と素敵な笑顔を応援します。

経歴
  • 1995年  日本大学歯学部卒業
  • 2001年  日本大学大学院(歯科矯正学)卒業
所属団体・資格
  • 日本矯正歯科学会 会員
  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • 東京矯正歯科学会 会員

子どもの成長に合わせた小児矯正

 特に、かつてドクター自身が矯正治療を受けた経験や美しい歯並びになった時の喜びを活かすために、成長期のお子さまの歯や骨格の成長を生かした小児矯正に力を入れています。矯正治療を受けるお子さま、子どもの将来を考える親御さまの気持ちも大切にしながら、効果的な治療が継続できるような体制を整えています。

 お子さまの口腔器官と口腔機能の安定化と正常化を図ることは歯並びを整える事に加え、咬合機能の向上、顎関節の正常化や異常な口呼吸から正常な鼻呼吸への回復と確立、いびき、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害(現代病)の改善、予防など身体の健康維持に多大に関与する重要な治療です。
 年々そういった現代病が増えてきてます。それは現代人の骨格が退化してきてるからなのです。欧米化の食生活が増えたのも原因の一つです。

 

年代別に合わせた矯正

子ども

 成長期の子供さんの治療計画では矯正治療で重要な呼吸機能を考慮にいれ健全な心身の発育をまた将来の睡眠時無呼吸の予防を考え顎の健全な発育、口呼吸から鼻呼吸への改善を目指します。

成人

 矯正のメリットは、見た目の改善だけではありません。咬み合わせがよくなることで、食事を正しく咬んで食べられるようになります。すると、消化機能が向上するため胃の負担が軽減するなど、不正咬合による悪影響も改善されます。

シニア

 歯周病や加齢によっても歯茎が後退するため、シニアになると歯列の乱れが目立ってしまいがちです。歯周組織の再生を促しながら矯正していきます。

成人矯正について

成人矯正について 近年、大人になってから矯正治療を始める方が増えています。矯正治療は大人になってからでも、決して遅くはありません。患者さんご自身が治療に興味を持ち、歯並びを治したいと思った時がベストな開始時期です。
 矯正治療は歯並びや口元の美しさにつながります。歯並びが整うことで、歯磨きがしやすくなるだけでなく、むし歯や歯周病、口臭予防にもつながります。また、上下の歯がきちんと噛み合うようになると、食べ物をしっかり噛めるようになります。よって、下顎にかかる負担が軽くなり、顎関節症などを予防する効果があります。最近では、噛み合わせが気になる40~50代の方の歯科矯正治療も増えてきています。
 治療期間は1年半~2年程度で、長く感じられる方も多いかもしれません。しかし、これから何十年と続く人生を考えると、その治療の価値はとても大きなものです。矯正治療を終えられた患者さんは「本当にやって良かった」とおっしゃる方ばかりです。歯並びに自信を持てずにいつまでも悩んでいるより、勇気を出して治療を始めてみてはいかがでしょうか。

嚙み合わせ改善で全身機能を向上

嚙み合わせ改善で全身機能を向上 嚙み合わせは、身体と密接なつながりがあります。上と下の歯が噛み合わないと食べ物がよく噛めず、胃や腸に大きな負担を与えます。また、歯列の乱れ(不正咬合)は、顎やお顔の成長、発音に悪影響を及ぼすだけでなく、顎の関節や筋肉にも影響を与えて肩こりや頭痛などを引き起こしたり、姿勢が悪くなることもあります。
 矯正治療では、歯並びを整えて噛む機能を回復することにより、むし歯や歯肉炎・歯周病を防ぎ、歯の寿命を延ばします。近年、しっかりと噛めることにより、脳への血流が良くなり、記憶力や瞬発力が高まることもわかってきました。嚙み合わせを良くすることは、お口の中の健康を守ることのみならず、身体全身にメリットをもたらします。

治療後、後戻りされてしまった方へ

 矯正治療を受けたのにも関わらず、何年か経った後にまた歯並びが乱れてきてしまったというケースがあります。決して安くはない治療費と、長い期間をかけて歯列矯正をしたのに、その状態が維持できないというのは非常に残念なことです。後戻りの要因としては「不正咬合の原因が残っている」、「不十分な矯正歯科治療」、「不十分な保定」などが考えられます。
 再度矯正するとなると、患者さんは費用の面や再度長期的な治療を受けることへの不安を感じると思います。当院では日本矯正学会認定医、咬み合わせ認定医が、患者様の状態をしっかりと確かめながら最適なプランをご用意いたします。後戻りでお悩みの方は、是非ご相談下さい。

子供の矯正のタイミング

子供の矯正のタイミング お子さまの矯正をお考えの方は、乳歯列期(3歳~)、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期(7~9歳)に一度ご来院していただくことをオススメしています。成長上にアンバランスが出始めた頃から、何らかの対策を講じた方が良いでしょう。骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後、10年後には不調和がどんどん大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。乳歯列期のまだ矯正装置がつけられないお子さまは、ムーシールドを使用し反対咬合の早期初期治療を行います。

 ただ、歯や顎、そして心の成長はお子さまによってさまざまです。早い時期から矯正を始めた方が良いお子さまもいれば、しばらく成長を待ってから始めた方が良いお子さまもいます。いずれにせよ、一度診察を受けていただき、ご相談の上で開始時期を決めていきましょう。

子供の矯正のメリット

1. 永久歯を抜かない矯正の可能性が上がる

 永久歯が生えるスペースが足りない場合、奥歯を後方に移動させたり、顎の横や前への成長を促すことでスペースができます。 早期治療により、将来的に永久歯を抜歯せずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高まります。

2. 顎の成長のバランスを整えられる

 正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、顎や顔の成長バランスを整えます。 また、放置したことで顎の関節が痛くなったり(顎関節症)、外科的な手術をしなければ治らないケースを避けられます。顔つきや顎の成長のコントロールは、成長期のお子さまにしかできない矯正治療です。

3. 口の本来の機能を取り戻す

 指しゃぶりや舌癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼし、常時口を開けてしまう癖を引き起こします。早いうちに癖を改善するとともに、口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして、正しい筋肉の動きの習得します。

4. 永久歯の矯正期間が短くなる・不要になる

 顎の成長のコントロールをしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより、永久歯列になってからの本格矯正が簡単かつ期間が短くなったり、不要になる場合があります。

見えない・目立たない矯正 ~インビザライン~

 矯正治療について、よくあるご相談は「周りの人に気付かれたくない」「短期間で治療を終えたい」「費用をなるべく安く抑えたい」の3つです。

 当院ではそういった患者様一人ひとりのご希望や、現在のお口の状況に最適な矯正治療をご提案できるよう、様々な矯正装置を取り扱っております。

 中でも「インビザライン」は、取り外しが可能なマウスピース型の装置で、透明なため周囲の人からも気付かれにくい矯正です。2週間ごとに新しいマウスピースに交換し、少しずつ歯を正しい位置に矯正していく治療方法です。ワイヤーを使用しない装置ですので、お口の中を傷つけるなどのトラブルは従来の矯正装置よりも少なくなっています。

このような方におススメの治療方法です

  • 見た目が気になる
  • 通院回数を減らしたい
  • 取り外せる矯正装置が良い
  • 金属アレルギーをお持ちの方

インビザラインのメリット

  • 透明な装置のため目立たない
  • 治療期間が比較的短い
  • 取り外せるためお手入れがしやすい
  • 金属アレルギーの方でも安心して使用可能
  • 普段通りのお食事、ブラッシングが可能
24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook