歯を失ってしまった方へ

歯を失った状態を放置することのリスク

歯を失った状態を放置することのリスク 人間の歯(永久歯)は上下合わせて28本、親知らず4本を含めると、全部で32本あります。正面から見て順に前歯、小臼歯、大臼歯と呼ばれ、それぞれ上下の歯がバランス良く噛み合うようになっています。また、上下の歯だけでなく、舌や顎関節、筋肉などが適切な機能を果たし、お口と身体のバランスを保っているのです。
 むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方の中には、「1本くらい歯がなくても支障がない」「見えにくい場所だから大丈夫」「歯科医院が苦手」などの理由で、歯が抜けたまま放置しているケースもあります。しかし、そのままでは、将来的にさまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。「きちんと治療を受けていればよかった……」と後悔しないよう、歯を失ってしまったらできるだけ早めにご来院ください。

歯がない状態を放置することで起こる悪影響

  • 歯の噛み合わせが悪くなり、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨に力がかからなくなるため、骨が痩せてしまう
  • 食べ物をしっかりと噛めなくなり、消化器官に負担がかかる
  • 正しい発音が難しくなる
  • 左右のバランスが乱れて顔の輪郭が変化する
  • 顔や首のシワやたるみが増える
  • 思考能力や集中力が低下する

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

 歯を失った時の主な治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯があります。

インプラント

メリット
  • 天然の歯と同じような感覚で噛むことができる
  • 周囲の歯に干渉せず、歯を守ることができる
  • 周囲の歯に傷がつかないので、自分の歯を多く残せる
  • 顎の骨が痩せるのを防止する効果が期待できる
デメリット
  • 手術をしなければならない
  • 治療費が他の治療と比べると高額
  • 骨に定着するまでの期間があり、治療期間が長い

ブリッジ

メリット
  • 固定式で違和感が少ない
  • セラミックを使用すると天然の歯のような仕上がりになる
  • 短期間での治療が可能
デメリット
  • 治療対象の両隣の歯が健康であっても、治療のために削らなければならない
  • 発音に問題が生じる可能性がある
  • 支えとなる歯に対して大きな負担がかかる
  • ブリッジと歯肉の間に食べカスが溜まりやすく、口腔内を衛生的に保ちにくくなる

入れ歯

  • 短期間で治療できる
  • 比較的簡単な治療で済む
  • 素材や方法によっては治療費を抑えられる
デメリット
  • 噛み心地に問題が生じ、硬い物が食べにくくなることがある
  • 食べ物が挟まりやすく、口腔内が不衛生になりやすい
  • ガタつきで違和感を覚えることがある
  • 顎の骨が痩せることがある
  • 留め金が見えて、見た目があまり良くない

 患者さんの口腔内の状態やご希望によって、向いているものと向いていないものがあります。まずは当院までお気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療の特徴

ひとりひとりに合わせた入れ歯

ひとりひとりに合わせた入れ歯 お口の中は十人十色です。そのため、ひとつの治療方法に頼るのではなく、ひとりひとりのお口の状態に合わせて、さまざまな検査や治療方法・技術を取り入れて入れ歯作りをする必要があります。患者さんのお口の中は、噛み癖、咀嚼筋群、上下の顎の位置関係、顎関節の状態・症状などが絡み合って機能しています。すべての項目を考慮して入れ歯を製作しなければ、いくら見た目が良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくいといったトラブルを招きます。
 また、合わない入れ歯を使い続けると、歯の問題だけでなく、全身の健康に関わる症状の発生リスクが高まってしまいます。こうしたリスクを取り除くため、当院では、お口の中の噛み癖、咀嚼筋群、上下の顎の位置関係、顎関節の状態・症状などの生体機能を総括的に捉えた上で、入れ歯の製作を行っています。部分入れ歯の場合は、他の歯が抜けた時のことも考慮した設計を心がけ、できるだけ長期的に使える設計をしています。

選び抜かれた技工士

 急を要する仮歯の製作や入れ歯の補修などになるべく即日対応できるようにしています。また、患者さんにぴったり合った精度の高い入れ歯を作るため、ドクターと歯科技工士が連携し、歯の色や噛み合わせなどの確認を二人三脚で行っています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

 入れ歯には、保険適用と自費診療の2種類があります。
 保険適用の入れ歯は、必要最低限のお口の機能の回復を目的としているため、しっかり噛めることや見た目が自然であることまでは考慮されていません。そのため、比較的安価な歯科用プラスチック素材のレジンしか使用できません。
 一方、自費診療の入れ歯はより良い素材と良い設計で作成されるため、お口に馴染みやすく、しっかり噛むことができ、見た目も自然な仕上がりになります。

保険適用の入れ歯

  • 比較的安価
  • 素材はレジンのみで簡易的な構造
  • 目立ちやすく、他人に入れ歯だと気づかれやすい
  • 噛む力が入りにくく、食べ物の温度も伝わりにくい
  • 違和感や異物感を覚えやすい
  • 汚れや臭いが付きやすい
  • 破損しやすいが、修理もしやすい
  • 保険の入れ歯は力がかかるとたわむために歯茎にささって痛みが出やすい

自費診療の入れ歯

  • 高額
  • 素材は金属やシリコンで複雑な構造
  • 自然で目立ちにくい
  • しっかり噛めて、食べ物の温度が伝わりやすい
  • 違和感や異物感が気にならない
  • 汚れが溜まりにくく、お手入れがしやすい
  • 破損しにくい

入れ歯の調整

 入れ歯を使っている患者さんからは「入れ歯が合わなくなった」という相談が多いです。中には入れ歯を複数お持ちで、結局どれも合わずに使用していないという方もいらっしゃいます。噛むと痛い、あくびをすると外れてしまう、ぐらぐらするなどの不快感を訴える方もいます。
 入れ歯が合わなくなる原因は、人工歯の咬耗(歯と歯が咬み合う摩擦によって歯を消耗すること)による、咬合の変化が考えられます。こうなった場合、入れ歯や顎の状態によって、調整することでまた使えるようになることもあります。
 当院では、新しい入れ歯を作る以外にも、他院で作った入れ歯、合わなくなった入れ歯の調整も行っています。これから入れ歯を作ろうとお考えの方だけでなく、現在お使いの入れ歯を作り直したいとお考えの方もお気軽にご相談ください。保険診療のほか、快適な装着感や審美性を大切にされる方には、自費治療のご説明もいたします。お好きな治療法をお選びください。

入れ歯の種類

金属床

 入れ歯の土台のピンク色の部分は、レジンというプラスチックでできています。金属床とは、そのレジンの多くの部分を金属に入れ替えた義歯のことです。
 使用される金属はコバルトクロムやチタン・金で、当然プラスチックよりも丈夫なので、壊れにくくなっています。また、薄くすることができるため違和感が軽減されます。総義歯・部分義歯ともに、金属床のものがあり、上の総入れ歯は上顎の部分に金属を使用し、下の入れ歯は内側の舌にあたる部分を金属で制作します。
 部分入れ歯の場合は、入れ歯の骨組みとなる部分が金属でできていて、それに付随して入れ歯を維持する金具が付いています。

金属床のメリット
  • 金属の入れ歯は0.3ミリまで薄くすることができるので異物感が少ない
  • お口の中の粘膜に触れる部分が金属でできており、食べ物や飲み物を口の中に入れた時に温度が伝わりやすいため、食事が楽しめる
  • 汚れが付着しにくく、清潔に使用することができる
  • 10~20年ほど使用でき、耐久性に優れている
  • より精密に加工できるため、残っている歯に対する負担が少ない
  • たわまないので痛くない(保険の入れ歯はたわんでしまうため、噛むと歯茎に刺さり痛みが生じます)

ノンクラスプデンチャー

 ノンクラスプデンチャーとは、目立つ金具(クラスプ=鉤)を使わない部分入れ歯のことです。柔らかい素材で、大きく曲げても割れることはありません。歯茎と同じピンク色で、入れ歯だと気付かれにくいため、エステティックデンチャーとも呼ばれています。若い人や見た目が気になる患者さんに好評です。

ノンクラスプデンチャーのメリット
  • 金具がないので入れ歯だと気づかれにくい
  • 違和感が比較的少ない
  • 壊れにくい
  • 比較的安価
24時間WEB診療予約メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • 患者さんの声
  • Facebook