スタッフブログ

2016年11月22日 火曜日

2016年度 日本顎咬合学会支部学術大会

人形町駅より徒歩2分、歯周病認定医、かみ合わせ認定医、横山デンタルクリニックの横山です。

当院は歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科に積極的に取り組んでおります。


2016年11月20日(日) コングレススクエア日本橋で日本顎咬合学会 関東・甲信越支部学術大会が開催されました。

メインテーマは「ワンランク上の歯科臨床を目指して!! 磨きたい技・伝えたい心」


午前中は咬合の再構成セッションとして中川先生、行田先生、上田先生の講演があり、
崩壊した咬みあわせを如何に再構成するかのお話でした。










お昼はお弁当を頂きながらのランチョンセミナーに参加しました。

岩田健男先生のご講演のテーマは「咬合と審美の調和:審美補綴のための診断基準と臨床術式」。





午後の部は補綴とメインテナンスとして内田先生、小川先生の講演で、歯科医師と歯科衛生士のチームアプローチの重要性をお話いただけました。








専門家の先生方の貴重な講演を聞けて大変勉強になりました。

かみ合わせが全身に与える影響がエビデンスとして多く見られるようになり、日々行っている診療が如何に大切であるか、また責任があることを実感しております。

患者さんに納得いただける診療を提供できるように、日々ブラッシュアップしていきたいと思います。

 



投稿者 横山デンタルクリニック